【事件発生中】田舎の本屋とこどもたち

ほのぼの一家に事件が起き、ただ今緊急モードで立て直し中。パパはどうするのか?ママの抱える問題とは…。

正論に耳を塞ぐ





f:id:papatoboku:20181231041756p:plain








f:id:papatoboku:20181231041806p:plain











f:id:papatoboku:20181231041820p:plain









f:id:papatoboku:20181231041829p:plain


『 正論は人を傷つける』

お客さんも正論、店員も正論・・・
正論がぶつかった時の対処法の一つは、
『まず相手の話を最後まで聞いて、
こちらの事情を話し打開策を提案する』と
いうのがあります。

正論にぶつかると思考停止に陥る私や
他のスタッフにこう話していた社長。

自分で調べた情報や、警察、相談員さん
の答えはどれも正しかったです。
正論です。
主人は危険で、治る見込みは低い。
一般的なDVサイクルに当てはめると、
今謝っている状態は『ハネムーン期』で
また怒りを蓄積させて爆発させる可能性が高い。

子供たちのために良くない、もし次に何かあったら
死んでしまう可能性もある!


そんな可能性があるのなら、主人を連れに行く
事は「子供たちに対する虐待であり、男に走った
女になる」のではないか・・・?


思いが錯綜して自分では手に負えない感情となりました。
正論で思考が停止しました。
社長いつもみたいに助けて下さい・・・。
仕事の事でもないのに、社長に助けを求めました。





私のモノにならないのならいらない

社長に聞かれたとき、迎えに行きたいと
即答しました。
最悪の状況の中の理想だったのです。
気付かずに向かっていた悪いルートを
軌道修正できる予感もします。
私の事を嫌いになったはずの主人が
私のモノに元通りに戻るのは気分が良い。

「俺は蟲姫のモノやで」

そんな風に言っている主人が好きだった。
ただ、甘い言葉の裏には別の意図がありました。
「浮気さえしなければわがままは許される」
主人の中で浮気だけが完全悪だったのです。
(PTSDになるようなことを見てきた)








明るい未来


私が通報したのは、主人が壊れて暴れ
出したからです。
『何を言っても聞かない、子供の心が壊れる!』


壊れたものは治らないと思いました。
一旦戻ったように見えても私や子供の権利を
削っている間だけでしょう。

私たちの生活費を削っておもちゃが増える・・・。
とても健全な生活とは言えません。
拒否すれば更にエスカレートするのは目に見えています。
病気だから仕方がないという楯で自分を守りながら攻めてくるでしょう。
手に負えないのは問題が根深すぎるからだと気付いていました。


アダルトチルドレンという言葉を
昔目にしたことがあります。

親による虐待や家族の不仲、感情抑圧などの見られる機能不全家族で育ち、生きづらさを抱えた人。

[http://Wikipedia参照


幼少期からの心のゆがみが反映されていると
感じても、素人に解決できるものではありません。



でも・・・・
治るのなら・・・・。

言うことを聞くと言っているので
私たちの生活を守る最低限の条件をだすことにしました。
精神科でちゃんと見てもらうことも条件に入れます。


もう二度と戻らないはずの
『平和な日々』が一気に目の前に見えてきました。
いつもの主人の事はやっぱり好きなのです。

DVの特徴「普段は優しい」


正論に耳を塞ぎます・・・。






子は親を救うために「心の病」になる (ちくま文庫)

子は親を救うために「心の病」になる (ちくま文庫)


アダルト・チルドレン 生きづらさを抱えたあなたへ (二見レインボー文庫)

アダルト・チルドレン 生きづらさを抱えたあなたへ (二見レインボー文庫)