【事件発生中】田舎の本屋とこどもたち

ほのぼの一家に事件が起き、ただ今緊急モードで立て直し中。パパはどうするのか?ママの抱える問題とは…。

駆け付けた警察官、その正体は・・・

警察に連れていかれる主人

通報しているとき、はっきり覚えていないのですが、
主人に電話を替わったような気がします。
「主人はもう何もしません、自分から自首します」
この言葉だけは覚えています。
f:id:papatoboku:20181223063800p:plain


主人は田舎に馴染めずにいたのですが、
私より友達も多く外でトラブルを起こしても
可愛がられていました。
先輩や後輩にもご飯に誘ってもらい、就職先を
紹介してくれたりしていました。
ただ、接客業がしたい主人の望むような職はなく
殆どが工場でした。
もちろんそれでも務めたのですが、危険な
労働環境で、実際可愛がってくれた先輩が
不治の病に侵されてしまいました。この辺は
また描きます。


調書

f:id:papatoboku:20181223062742p:plain

調書を取った部屋はめちゃくちゃ狭かったです。
一時期ニュースにもなった密室ではなく、
ドアはすこし空けてあります。



いつもの自分が現れる。


通報後の緊張状態のなか、いつも漫画を描いている
自分が現れました。
「ガスレンジ汚っ!」
部屋が散らかってきて作った、『とりあえず(片づけられない
物を入れておく)BOX』の段ボール箱が捜査を邪魔する。
殴られた腕と、はたかれた頭の撮影。
こんな大ごとになってもなお、恥ずかしいという感情が残っていました。

f:id:papatoboku:20181223062408p:plain






警察官の正体


田舎で問題が起きると加害者だけでなく
被害者も噂の対象になりやすいです。
何十年も前の事件をいつまでも語り継がれます。

子供がいるから大ごとにはしたくない。
でもそれ以上に子供を今守らなければならない。
子供に手が出なくても、このような争いを見せる
事が虐待になると知っていたので怒りの収まらない
主人にも注意ました。
認めないので、通報したことは間違いでは
なかったと思います。

そのくらい世間体はどうでも良いと思ったはずが、

これは衝撃的でした。↓


f:id:papatoboku:20181223062536p:plain


●●ちゃんのお父さん・・・
次の日●●ちゃんのお母さんに挨拶したとき、
いつもと変わらない感じです。
きっと本当に言われてないのでしょう。
なのに、『何か知ってるようだった?』
から始まり、周り全員に知れ渡ってるような
被害妄想が膨らみました。


今は変に隠すよりいいかな。
と思えるようになりました。
なぜなら、隠さずに伝えた知り合いや職場の人、
みんなそれぞれ抱えている問題を教えてくれたからです。