田舎の本屋とこどもたち

平和な我が家に事件が起き、遠くのおばあちゃんと絶縁、我が家の爺ちゃんは寝たきりになりました。パパは良い子にしてます。皆前向きに頑張っています。

書店パートの日常『トークイベント』

f:id:papatoboku:20180209013904p:image

 

 

 

 

f:id:papatoboku:20180209013909p:image

 

 

 

 

 f:id:papatoboku:20180209013920p:image

 

 

 

 

 

 f:id:papatoboku:20180209013933p:image

 

社長は先生の好みを調べ会場作りをし、ノートに書き込みながら先生の小説を全て何周も読んでいたので、私の役目は小さくても絶対に失敗できない!と思っていたのですが…。

 

 

そう言えばのぶみさんの歌詞大炎上ニュースにビックリです!

ウッチョパスが子供に好評だったので残念。

元々ちょっと炎上要素はあったのかもですが、元暴走族は美談っぽくなってるのになぜ今ここで…?と考え始めると止まりません。

 

 お母さんだから我慢って言い方が語弊を招くのか…。

個人的な感想としては男性作家さんが、お母さんの主観まんま書いたのがいけないのかな〜と思いました。

普段作家活動をしていないお母さんが『旦那も、姑も、子供見ながら完璧なんて無理なのに文句ばっか、ふと鏡を見るとめっちゃ老けてるし!体調不良も毎回だとスルーされるし、あー、あの頃楽しかったなあ…』を一言で落ち着かせる為に、子供の寝顔を見て涙を流しながら『お母さんだから我慢我慢😊✨』って言ったとします。

そして『いくらお金があって自分の時間があっても、昔に戻りたいとは思わない!この子のいない人生なんて考えられないわ!』と明日もがんばるお母さん。

そんな生活から生まれた、推敲して無い言葉たちを、男性作家さんがリアルを目指してそのまんま掻い摘んで書いたとしたら…?

 

いや、そもそも炎上の理由を調べると『私は違う!』『子供に対して恩着せがましい』とかなのか〜😱💦

色んな考えの人がいると、同じ言葉でも捉え方が極端に違ったりするんですねぇ…。

 

夜中に妄想が止まらないのでそろそろ寝ます😱💦

 

 

 

 

↓↓↓ランキングに参加中です。↓↓↓

よろしければ応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村