田舎暮らしの3兄弟。お母ちゃん、漫画を描く。

日常漫画やレビュー漫画を描いています。たまに暴走。

日常漫画『次男が描いたものは…』&読書感想「いま、すぐはじめる地頭力」

f:id:papatoboku:20180129232447j:image

 

 

 

しっこって!😂💦

またとらえどころのないものを絵にしたもんだ。

人数多くて省略したのですが、長男も爆笑してました🤣

 

 

 

 ↓図書館で借りた本。

 

 

いま、すぐはじめる地頭力 (だいわ文庫)

いま、すぐはじめる地頭力 (だいわ文庫)

 

 

地頭力を調べる質問のなかで、全体を捉えて考える『フレームワーク思考力』は0点に近かったです…😓

抽象思考は良かったのですが、あくまでも自分で答えているので実際はもっと頭悪いのかな?💦

 

 

中でも『フェルミ推定』の特訓は役立ちそうです。

(この私がやるはずないけど…)

 

 

フェルミ推定とは、実際に調査するのが難しいようなとらえどころのない量を、いくつかの手掛かりを元に論理的に推論し、短時間で概算することを指す。オーダーエスティメーションや封筒裏の計算(英語版)ともいわれる。

フェルミの問題と呼ぶこともある。名前は物理学者であり1938年のノーベル物理学賞を受賞したエンリコ・フェルミに由来する。フェルミはこの手の概算を得意としていた。

フェルミ推定コンサルティング会社や外資系企業などの面接試験で用いられることがあるほか、欧米では学校教育で科学的な思考力を養成するために用いられることもある。

フェルミ推定という語句が日本に入ってきたのは、『広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由―フェルミパラドックス』が最初だろうと細谷功は述べている。ただしこのような考え方自体は、理工系学部では講義などで教えられていたり、ビジネスシーンではきわめて当たり前のように用いられていた。

Wikipedia[フェルミ推定] 参照

 

 

 

 

↓↓↓ランキングに参加中です。↓↓↓

よろしければ応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村