田舎の本屋とこどもたち

平和な我が家に事件が起き、遠くのおばあちゃんと絶縁、我が家の爺ちゃんは寝たきりになりました。パパは良い子にしてます。皆前向きに頑張っています。

書店パートの日常⑥『伝わる接客』

たまに接客中シドロモドロになります。

お客様と全く会話が成り立たない時です。

絶対こう!と思われている場合、否定せず解決に導くのは困難です。

この漫画は番号を選んでもらうタイプのくじを買われたお客様の話がもとになっています。

 

 f:id:papatoboku:20171125102144j:image

 

 

 

 

 

f:id:papatoboku:20171125102148j:image

 

 

 

 

 

f:id:papatoboku:20171125102153j:image

 

 

 

 

 

 

f:id:papatoboku:20171125102158j:image 

 

 

10日の当選番号をみて、20日に結果発表のくじを持ってこられたと言う様な状況でした。

 

そして、

『そのくじ番号をもう一回今から買う。

そうしたら今度は当たる』

と言われていて、結果が分かっているくじを売る事はありえないので説明するのですが全く伝わりませんでした。

 説明すればすぐ分かってもらえると思ったのですが、お友達に当たってると言われたとの事で、だんだんイライラされてしまってこっちはシドロモドロになりました。

 

なぜか毎回社長に代わってもらうと、お客様が笑顔で感謝して帰られるので、コツを説明をしてもらうのですが自分も思い込みが強くなかなか上手くいきません…。