田舎の本屋とこどもたち

平和な我が家に事件が起き、遠くのおばあちゃんと絶縁、我が家の爺ちゃんは寝たきりになりました。パパは良い子にしてます。皆前向きに頑張っています。

次男の二面性


f:id:papatoboku:20170908011733j:plain


次男は…天使と悪魔の顔を持っています。

いっそ「クソババア」と言ってくれた方が、どこかで聞いて覚えた言葉を使ってみたのかな?とも思えるのですが、うんこを使うあたりがまだ少ない語彙で表現したこの子自身の気持ちに思えて恐ろしいです。


絵本を読んで子供の能力を伸ばしたいと思っていても、所詮自分の思い描く良い子という型にはめたいだけなのでこういう事も楽しめるようになりたいです…。



↓の本が病院の待合室に置いてあって子供達に大好評だったので、からだのことが書いてあり、もう少し小さい子向けのこちらの本を買ってみました。
ウケるポイントが違ったみたいで結局最初の所しか一緒に読んでくれませんでした。(しかも長男6歳のみ)
変に親が欲をだすと子供達はお気に召さない法則でもあるのでしょうか。


からだ大探検 (ドラえもんふしぎ探検シリーズ)

からだ大探検 (ドラえもんふしぎ探検シリーズ)





また表示がおかしくなっていてすみません。